今回の旅は10泊11日と、ここ数年で一番長いものになった。

しかし、11日間で台湾も含め、4ヶ国も行くというのはかなりスケジュール的にはタイトであった。

なぜこんなことになったかというと、すべて、台風・ソウデロアのせいである。

台風のせいで出発が半日以上遅れ、予定していなかった台北泊も付いてきた。

これらを合わせると約2日、行程が厳しくなってしまった。

ソウデロア


台風のアホ!

・・・といっても、悪い面ばかりではなく、台北での宿泊、食事、空港~ホテル間のタクシー代は保険で出たのでラッキーだった。ただし、台北市内のタクシー代は出なかった。

この2日間のロスを何とか縮めるためにビエンチャンからルアンパバーンへはバスではなく、飛行機を使ったが、これには5万円ぐらいかかった。

保険会社に 「台北の滞在費よりも、こちらの方が実際に台風の影響なんです。」 と交渉したが、結果ダメということであった。


とはいえ、やりたいことを数多くできた旅であった。

DSCF0683.jpgDSCF1091.jpg
左:ファランポーン駅  右:ブッダパーク

バンコクから寝台列車に乗ってノンカイへ、そこから陸路で国境を超えた。

メコン川の両岸にある変な寺を2つ両方とも見ることができた。

ラオスではビエンチャン、ルアンパバーンとも見たいと思っていたものを見ることができた。

自分たちだけでは絶対行けなかっただろう、世界一入りにくい居酒屋にも行くことができた。

前々から行きたいと思っていたハロン湾クルーズにも行った。

その土地に根付いた料理もたくさんいただいた。

DSCF2051.jpgDSCF2185.jpg
左:バインミー  右:ハロン湾

人々との出会いもあった。

ノンカイを案内してくれたヨウさん、タクシーでぼったくられた後、バス停まで送ってくれたワンさん、ハノイのホテルのテュさん、ゴッドマザー タンさん、台湾のバックパッカー先生 王さん・・・。

人との出会いは旅の思い出を深くする。

酒ばかり飲んで、ついには台北から関空の機内で飲んでいた私に、何も言わず奈良まで運転してくれた嫁さんに感謝して、このブログを終了したい。

3ヵ月、75回に渡って長らく読んで下さった読者の皆様ありがとうございました。また来年お会いいたしましょう。それまで、お元気で、

再見 ไปก่อนครับ ໂຊກດີ tạm biệt








Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/360-26cb2ac8