FC2ブログ
 
ここ数年、家族の時間が合うのは夏よりも冬。

今年も冬の休みの方がスケジュールが合わせやすかった。

とはいえ、長い旅程は難しいし、正月を含むと旅費も高くなる。

そんな条件で、候補に上がったのが、成都。

詩聖・杜甫ゆかりの地であり、三国志ファンにとっては聖地ともいえる、何より、麻婆豆腐や坦坦麺などの本場の四川料理も食べてみたい。

さらに直行便があり、関空から5時間ほどで行くことができる。


スカイスキャナーで調べると、何と往復で3万円ほどのチケットがあった、Travelgenioという旅行会社であったが、安さにつられてここに決めたことが悪夢の始まりであった。

注文を確定した後、カード番号を入れたのだが、しばらく経った後、このカードは使えませんとの連絡が来た。別のカードで試してみたが、同じく拒否された。

どうもここ、スペインの会社らしく、セキュリティーかなんだかよくわからんけど、スペインと日本との間に違いがあるようだった。

仕方がないので、ホームージに載っている東京のカスタマーセンターに、どうすればいいか聞こうと、電話をかけたが通じない。日を変え、時間を変え、電話をかけ続けたが変な音楽が流れるばかりでいっこうにかからない。メールもない。

この会社を検索してみると、いろいろと問題があることもわかってきた。どうも、払えないからとほっておくと、キャンセルされた後、手数料だけ取られるとのこと。

最悪 ○| ̄|_

かくなるうえは最後の手段、スペインの本社に電話、は さすがにできないので、“支払おうとしても何度も拒否された” “日本のカスタマーサービスに何度も電話したが出ない” ことなど、こちらに非がないことを切々と書いたメールを翻訳ページを使って送り、何とかキャンセルすることができたのである。

これを読んでいる皆さん、スカイスキャナーで航空券を予約するときには、よく旅行会社のことを調べて、言葉に自信のない人は日本語のカスタマーサービスがちゃんとしているところにしたほうが無難です。


さて、無事キャンセルのされたことを確認し、もう一度チケットを取りに行く。

同じ失敗はしたくないので、日本の会社にしようと思ったが、DeNAとHISが、45500円、JTBが50500円であった。嫁さんはそれでもいいからと言っていたが、それは平日の昼間にずっと電話をかけ続けていたのがこたえていたからである。

いろいろ見ているとCtrip という会社が気になる。中国系ではあるが、楽天の子会社だった時期もあったそう。しかもスカイスキャナを買収するほどの大手だという、調べてみると日本語対応のサービスにも問題はなさそうだ。

もう一度同じ轍は踏みたくないが・・・どうする?

悩みながら、数日を調べた結果、ここで取ってみることにした・・・、ら、注文確定後、数分で eチケットが送られてきてあっさりと取れたのである。

結局、往復1人 33874円、3人で10万ちょっとという値段でチケットは取れたのである。


出発は12月31日、帰国は1月4日、3日と少しの成都旅行であるが、今後このブログで旅の様子を伝えていきたいと思う。ぜひ読んでくださいませ。







Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/389-f6ea431e