FC2ブログ
武侯祠は三国時代の諸葛亮やその主君劉備などを祀る祠堂。 諸葛亮を祀った「武侯祠」と呼ばれる祠堂は中国各地にあるが、その中でもこの成都のものが特に有名である。

表示には一人60元とあったが、なぜか30元で入場。

武侯祠武侯祠


南門から入って、左には明碑、右には唐碑、奥に進むと、左に武将廊、右に文臣廊

ガラスケースの中に三国志の武将たちが人形となって鎮座している。

それぞれの人物の物語の中での活躍ぶりは息子が教えてくれたが、もともと三国志をきちんと読んだことがないので、「へえー、そんなんや」 という感じである。

武侯祠武侯祠


ただ、とにかくみんなひげがすごい。ここまで伸ばすにはかなりの年数がかかるだろう。

そんなことを考えながら進んでいると、ついに登場。

諸葛亮孔明~

映画 「レッドクリフ」 では金城武が演じ、日本でも大人気の軍師である。

この人については中国でも特別扱いで、これまでの武将たちはガラスケースの中に何体か一緒に入っていたが、この人だけは個室が与えられており、しかも両側に二人いた。

武侯祠


これまでの人たちがエコノミーだとすると、

ファーストクラスの扱いであった。


裏手の出口から出ると錦里という商店街が続いている。

全長約350m、幅4mほどの沿道に並んだ建物はすべて明、清時代の建築を再現したもので、四川料理の食堂や、土産物屋、小さな劇場など観光客が喜びそうな店がずらっと並ぶ。

錦里錦里


伊勢のおかげ横丁みたいなところである。

九品街という通りがあって、小吃の露店が並んでいる。ここで一番の人気はパイナップルの器にお粥のようなものが入ったもので、歩いている人のほとんどが食べていた。

成都ではパイナップルの時代が訪れているようであった。

このパイナップルも気になったが、とにかく人が多く、押すな押すなの大混雑で、できればさっさと通り抜けたい気分であった。







Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/396-a1c980b7