成都は、2010年にユネスコ 世界の美食の都 としてアジアで初登録されている。

今回の旅も 「楽山の大仏」 と並んで楽しみだったのが 「食」 で、中でもぜひ食べてみたい、行ってみたいと思っていたのが、

陳麻婆豆腐店

「陳麻婆豆腐店」 は市内にいくつか支店があり、ホテルから一番近かったのが、唐宋美食街というフードコート内にある店。

ちなみに東京や名古屋にも 「陳麻婆豆腐店」 はあるのだが、食べ比べた人の話では味はかなり違うらしい。

陳麻婆豆腐陳麻婆豆腐


「陳麻婆豆腐店」 は国によって指定された 「中華老舗」 のうちの一軒で、清時代1862年に成都郊外の万福橋で開業。作った陳さんの顔に痘痕があったので 『陳麻婆豆腐』 と名づけられたとのこと。

ちなみに勘違いしている人が多いのだが、

この陳さんと陳健民・健一氏とは関係がない。


時間は夕方6時過ぎ、客入りはまばらで、私たちは真ん中辺りのテーブル席に着いた。

陳麻婆豆腐陳麻婆豆腐


まずはビールをいただきながら、じっくりとメニューを見る。メニューは写真付きなので、分かりやすい。

麻婆豆腐を注文するのは当然として、それ以外を何にするか。よくある中華料理店にくらべるとメニュー数はそんなに多くない。

周りの地元民を見ても、麻婆豆腐と後いくつか一品を注文して食事を楽しんでいる。


ということで、私たちがいただいたのがこちら。

陳麻婆豆腐陳麻婆豆腐


左:陳麻婆豆腐
本場の麻婆豆腐は油が多めで、かなり刺激的な辛味と痺れであった。特に花椒の痺れが日本の中華料理店でいただくものとぜんぜん違った。(辛さ5・痺れ7)

土鍋で出てくるので熱々なのがまたいい。白飯は何も言わなくても出たが、麻婆豆腐には欠かせない。東京などの支店で食べたことがないから何ともいえないが、これが本場の味ということでしっかりと舌に記憶しておこう。

右:夫婦肺片
薄切りにした牛のハツに麻、辣、香のタレをかけた冷菜。脂っこいけれどもさっぱりとした味。成都ではポピュラーだが、日本ではあまりない料理。(辛さ3・痺れ2)

陳麻婆豆腐陳麻婆豆腐


左:伝統担担面
成都に来てはじめての坦々麺。本場の坦々麺は汁がないとは聞いていたが、日本の汁なし坦々麺ともまた違って、まぜそばのような料理であった。(辛さ3・痺れ5)

右:芹菜炒豆干
セロリと押し豆腐の塩炒め。しゃきしゃきのセロリがさっぱりとした味わい。(辛さ1・痺れ0)


念願だった本場の麻婆豆腐がいただけて大満足であった。レジ近くにレトルトの麻婆豆腐が置いてあったので、土産にいくつか買って帰った。


陳麻婆豆腐店
中国成都锦江区总府路29号







Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/405-e346b423