シャンシャンが上野動物園で大人気となり、パンダブームが日本中で沸き起こっているが、私自身はパンダには一切興味がない。

楽山大仏を訪れたとき、大阪から来られたご夫婦とたまたま一緒になった。パンダが大好きで何度も成都に訪れているとのことだった。

今回の旅行でも成都のパンダ基地だけでなく、雅安のパンダ研究センターも行くらしい。

何も成都まで来なくても白浜に…

パンダは別にどうでもいいのだが、何となく行っておかなければならないような気持ちになってパンダ基地を訪れた。

地下鉄に乗ってパンダアベニュー(熊猫大路)駅まで行き、降りたところに停まっているパンダ模様のバスに乗り換える。

入場券込みの料金を払って、いざ出発、

10分間の乗車だったが、その間ずっと前でお姉さんがしゃべり続けていたのはいったい何だったのだろうか。

大熊猫繁育研究基地大熊猫繁育研究基地


大熊猫繁育研究基地

パンダっぽい入口から中に入ると、園内をめぐるカートに長い行列ができていた。もとよりパンダにはあまり興味がないのですみずみまで見る気はない。

さっくりとパンダを見て帰ろうと思う。


5分ほど歩いてまずは成人パンダ。

パンダ基地パンダ基地


人の目を気にせず、笹を食べ続けている。

かわいい、というよりも、パンダもいい年になると人目を気にしなくなるということがわかる。


しばらく歩くと今度は幼年パンダ。

成都パンダ基地成都パンダ基地


全部で9頭いるのだが、そのうち6頭は寝ている。ガイドブックにはパンダは午前中によく活動すると書いてあったが、11時の時点ですでに3分の2は活動を休止しているということか。

それにしても、一度にこれだけの子パンダを見ることができるのはなかなかないだろう。

パンダコパンダコパンダ

シャンシャンを見るために必死で抽選に応募している人には申し訳ないが、興味のない人間にとってはまあまあである。


その後、レッサーパンダとか孔雀とかパンダ以外のものも見て、これでよし。

成都パンダ基地成都パンダ基地


帰りは昨日も使った成都景区直通車 (バス) で市内へ戻る。







Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/407-3acfe6fa