FC2ブログ
寛窄巷子で変面を鑑賞した後、タクシーをつかまえて青羊宮へ。

ここは道教の始祖、老子が青い羊を連れて通ったという伝説が残る、成都最大の道観 (道教寺院) である。

見どころは南から北へ直線に並んでいるが、その一つが八卦亭、81匹の龍が彫られており、内部には老子が函谷関を出る場面の像が祀られている。

青羊宮青羊宮


そこから さらに進むと三清殿という黒い建物があり、その前にある動物の像が一番の見どころである。

像は一対あり、右側の像は、耳はネズミ、鼻は牛、爪はトラ、口はウサギ、角は龍、尾は蛇、顔は馬、ひげは羊、首は猿、目は鶏、腹は犬、尻は猪という十二支をかたどっており、撫でると災厄を祓うとされている。


上半身人間で下半身が馬のケンタウルスとか、頭がライオンで、胴体が山羊で、尻尾が毒蛇のキマイラとか、世界にはいろいろあるが、

さすがに12種類の動物が合体したものはない。

青羊宮青羊宮


私はお寺などで願い事を言うときたいてい世界平和を祈るのだか、どこをさすっていいものやら、そもそも触る場所によってはセクハラで訴えられそうで、躊躇してしまうのである。

とりあえず、私たちも自分の体の悪そうなところをなでたが、全体的にピカピカに光っていた。


それはそうと隣に対になった左側に普通の羊の像があるのだが、こちらは特に珍しくないのだろうか、周りに人も集まっておらず、さびしい感じでたたずんでいた。

青羊宮青羊宮


やはり、ちょっと変なぐらいの方が人気が出るということか。

寺院内は観光客はほとんどいなくて、ほとんどが中国人であった。それだけ地元の人たちの信仰が厚いお寺なのだろう。

その後、裏側に出口があれば、地下鉄の駅も近いというのに、出られず、もう一度、入口まで戻って、かなりの距離を歩いて、通恵門站から春熙路站に戻ったのであった。


青羊宮
住所   610072 中国成都青羊区成都市一环路西二段
電話番号 +86 28 8776 6584
開門時間 8:00~18:00
入場料  10元


P.S このときは滞在していたホテルで大変なことになっていたことを、私たちはまだ知らない・・・。









Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/409-6f2223d4