FC2ブログ
いよいよ帰国の日がやってきた。

ホテルを1泊追加した際、朝食がいるかどうか聞かれたが、ホテルの朝食は十分堪能したし、朝食代を払うことを思えば、近くにいくつも店があったので 「いりません」 と返事をした。


ホテルを出てすぐ、中国にありがちな、入口にドアがない庶民的な店があった。

老成都特色小吃老成都特色小吃


老成都特色小吃

看板にはそう書かれているが、これが店名なのかどうかもわからない。

google翻訳だと、「古い成都の専門の軽食」

実際、メニューはほとんどが麺類で、あとはワンタンぐらいしかない。まあ、ワンタンも麺類といえるから、麺屋さんといっていいだろう。

老成都特色小吃老成都特色小吃


鰻の寝床ではないが、奥行きのある店で、私たちは中ほどの席に着いた。

さて、前回のブログでは最後の晩餐と書いたが、今回は最後の早餐ということで、成都最後の朝食を楽しみたいと思う。

老成都特色小吃老成都特色小吃


左:担担面
これが本場の担担面といえる汁なしの麺。担担面の由来は天秤棒を担いで売り歩いたからと言われるが、そのころからこのような形だったのだろう。そういう意味では、日本で食べる担々麺とは全く違うものを成都で食べられたということになる。

右:酸辣粉
酸辣湯麺は近ごろ日本でもポピュラーになってきたが、日本ではほぼ小麦の麺である。中国では 「粉」 と呼ばれる米の麺もよく食べられる。朝ご飯ならつるっとした米麺も食べやすいかも。


老成都特色小吃老成都特色小吃


牛肉刀削面
上海や台湾でよく食べた牛肉麺、成都ではどうかと注文したら、期待にたがわず辛いスープに浸かって出てきた。漬け込んだスパイシーな牛肉と香菜がいかにも中国風の味わい。

紅油抄手
「抄手」 とはワンタンのこと。成都最後の朝餐に成都名物が食べられたのがよかった。実はこの4つの料理で一番辛かったのはこれだった。

さて、朝食も食べ終わって、駅に向かう。昼過ぎのフライトには十分時間があるが、余裕があるのに越したことはない。


OLだろうか、パンプスを履いてきちんとした服を来た女性が駅に向かって早歩きしていた。

この日は1月4日、日本だとまだまだ正月気分の朝だが、春節を正月とする中国ではこの日はもうすでに普通の日なのだろう。


そんな姿を見ていると、この旅行が終わってしまうことに少し憂鬱な気分になるのだが、まあ、それもしかたない。

地下鉄に乗って空港に向かおう。







Secret

TrackBackURL
→http://naranaradokoiku.blog102.fc2.com/tb.php/412-272c2733